礼金の後払いは可能なのか?

お部屋を借りる時に必要な費用には敷金、礼金、家賃、仲介手数料、鍵交換代、火災保険、保証料などいろいろな項目が多くあります。初回の費用をなるべく抑えながらやっていきたいですね。そこで礼金の後払い可能かをみてみたいと思います。

■礼金とは?

礼金とは大家さんに住まいを提供してくれた代わりにお礼の気持ちを込めて支払う謝礼のようなもので昔からある慣習です。一般的に家賃の1か月分、2か月分が多いです。礼金は部屋を退去することになっても返金されることはありません。

■礼金の後払い

礼金の後払いは物件や不動産会社によって、できるものとできないものがあるようです。通常ですと現金や銀行口座の引き落としや振込みですが、最近はクレジットカード決済に対応している物件も多くなってきました。

クレジットカード決済により、後払い可能になるわけです。また、礼金だけでなく対応していれば、家賃や電気料、水道料といったものも可能となります。クレジットカードを利用するためにはカードを持っている必要がありますが、作るためには審査などの条件があります。

・クレジットカードで後払いによるメリット

初めに多額の現金を持ってなくても良い様になり助かります。
利用したクレジットカードのポイントが貯められます。持っているクレジットカードにもよりますが、ポイント還元率が1.5%の高還元率もあるようです。
クレジットカードを利用することができれば、支払いのタイミングを変更できます。一括払いでは翌月、分割払いやリボ払いでは月ごとに支払いをします。

・クレジットカードで後払いによるデメリット

クレジットカードには一括払いの他に分割払いやリボ払いがあり、計画的に考えて利用しないと多くの手数料を取られてしまう事があります。
クレジットカード会社の支払い日がありますが、その日にお金を用意していないといけなく、後の金額負担が大きくなります。貯金残高も計画的に管理するよう注意しましょう。

・注意点

クレジットカードを利用する時の注意としてカードの利用限度額があります。敷金、礼金などは大きな金額になるので利用限度額を超えないようにしましょう。

■まとめ

多くの場合、前払いとなりますが、不動産会社や大家さんとの交渉で後払いができることもあります。また、敷金や礼金などの初期費用の支払いでクレジットカードにも対応していればポイントなどが貯まりよいです。
次のお部屋探しに後払い可能なクレジットカード決済サービスを導入している不動産会社などを検討してみてはどうですか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 部屋をどこにしようか考えている人たちには、南向きの物件はとても人気があり、引っ越す際には南を向いた部…
  2. 部屋探しをする時に考える事は人により違い、どの部屋を借り、住むか迷っていると思います。何を基準にして…
  3. 賃貸物件を借りるとなると一番気になるのが、敷金や礼金などの前家賃の支払いではないでしょうか。敷金やそ…
  4. 溝の口には2つの駅があり東急の駅名は、溝の口駅で、溝の口駅から徒歩1~2分の所にJR南武線の武蔵溝ノ…
  5. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  6. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  7. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. お部屋探しって本当に大変ですよね。初めて実家を離れての一人暮らし賃貸生活。部屋探しは新たなる希望をも…
  2. 賃貸物件を退去する際のトラブルで一番多いのが、敷金の返還問題ではないでしょうか。不動産会社や管理会社…
  3. 交通の利便性が良く治安の良い人気の物件や有名デザイナー物件などは、競争率も高く借り主が決まるのは早い…

アーカイブ

ページ上部へ戻る