賃貸物件の敷金と保証金違いとは?

賃貸契約時に必要になる初期費用
賃貸物件契約を締結する際、様々な初期費用が掛かります。敷金や礼金に前家賃、仲介手数料などが必要になります。敷金は、賃貸契約をするときに大家さんや不動産会社などに担保として預けておく費用の事です。


賃貸契約終了の際に家賃の未払いがあったり、借主の故意や不注意によって、物件の修繕やクリーニングが必要になった場合敷金から必要な費用を差し引きます。差額に関しては原則返還されるよう定められています。
礼金は大家さんや不動産会社に対して、物件を貸してくれてありがとう、という気持ちとして支払うもので、昔の慣習が現代も続いているというのが現状です。現在は敷金や礼金が0の物件も増えてきています。初期費用を抑えたい方は、そういった物件を選びましょう。

敷金と保証金の違い
敷金と保証金に原則違いはありません。地域の慣習の影響が強いようで同じ意味ととらえて問題ありません。基本的に関東地方では「敷金」、関西地方では「保証金」と呼ばれることが多いようです。
この「敷金」と「保証金」の目的はほぼ同じと思って間違いないのですが、返還方法に関して違いがあります。敷金の場合、未払いの家賃や物件の原状回復費用を差し引き、残額を返還しますが、「保証金」の場合は、「敷引き」という方法を用いて清算します。

敷引きって何?
「敷引き」とは関西地方で多く用いられる「保証金」を返還する際に用いられる方法の事をいいます。
賃貸契約を交わす際に、あらかじめ借主に返還する必要のない金額を定めて契約を行います。
例えば敷金2ヶ月の物件を賃貸契約した場合、契約内容にもよりますが通常使用で特に問題なく退去するとなった場合、最大で敷金2ヶ月分返還される可能性があります。
しかし、これに敷引き2ヶ月と記載があると、通常使用で退去したとしても敷金は1円も返還されません。このように関西などに多い「保証金」や「敷引き」などに関して、契約内容をしっかり確認しトラブルなどにならない様にしましょう。
この他にも、関東地方と関西地方の違いがあります。関東地方では「敷金」、「礼金」があるのが一般的ですが、関西地方に「礼金」はありません。そのかわり、「敷引き」で返還されないと定められている金額が関東地方の「礼金」のような意味合いがあるようです。
このように土地によって表現なども違いわかりにくい部分があります。全国統一表記にしてもいいのではと思いますが、長年続いている慣習の影響もありますし、すぐにという訳にはいかない様です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る