敷金や礼金に仲介手数料っていつ払うの?

賃貸契約を結ぶまでの主な流れ
①自分が住みたい部屋の条件を考える
具体的にネットや不動産会社を訪れる前に、自分の理想とする部屋の条件を考えておきましょう。
希望の条件などを書き出しておくと、実際に不動産会社で話す際もスムーズに自分の希望を伝える事ができます。
住みたいエリアはどこなのか?どういう生活を送りたいのか?それにはどんな間取りがふさわしいか?など具体的にイメージしましょう。

②不動産会社に行く
ネットで下調べを済ませ、自分の希望条件に近い物件を見つける事が出来たら、不動産会社に行きましょう。不動産会社に行ったら、あらかじめ自分で調べておいた物件に関することや、希望条件に近い物件を紹介してもらいます。
人気の物件などは、すぐ入居者が決まってしまいますので、内見して良ければすぐ契約の手続きに進みましょう。

③申し込みから入居審査
契約に進んだらまず、入居申込書を記入します。これ以外にも契約に必要な書類がありますので、必要な書類は不動産会社にしっかり確認し、事前に準備をしましょう。
この審査は物件などで様々ですが、早い場合は2、3日ぐらい、時間がかかる場合で、約1週間ほどで終了します。審査で重要なのが、収入が安定しているのかどうかです。家賃を継続して支払い続けられる能力があるかという事が重視されます。

④重要事項説明を受ける
一般的な賃貸借契約では重要事項説明が必ず行われます。これで物件の仕様や詳細を確認します。この説明を受け問題がないと判断し、合意すれば契約成立になります。この説明は宅地建物取引士の資格を持った担当者が書面をもとに、口頭で説明してくれます。
この説明で疑問や質問をしておく事はとても大事です。少しでも引っかかる点があるのであれば、ここで解消しておきましょう。そうすることで、後々のトラブルに繋がる可能性を低くする事が出来ます。

契約手続き
入居審査に合格したら、契約に移ります。ここでも細かな詳細など確認し、問題がなければ契約の手続きに入ります。契約時には様々な書類が必要になりますので、しっかり確認し準備していきましょう。
基本的に、ここで入居時に必要な初期費用を支払う事になります。初期費用とは敷金・礼金・仲介手数料などです。

⑥物件の引き渡し
全ての契約を締結し、手続きが終了したら物件の引き渡しです。物件の引き渡し後にも生活に必要な様々な手続きが必要になります。それらの準備もしっかり行いましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る