入居時や退去時に必要になる敷金やクリーニング代の相場!!

賃貸物件にかかる費用
賃貸物件を契約すると様々な費用が掛かります。入居時には敷金に礼金、仲介手数料に前家賃が掛かり、契約後は毎月の家賃など、退去時には契約によりますが、クリーニング代や修繕費が掛かる可能性があります。
このように、様々な費用が掛かる賃貸物件ですが、金額の相場ってどのくらいなのでしょう?
中でもわかりにくい、敷金とクリーニング代の相場を調べてみました。

敷金とクリーニング代
敷金とクリーニング代には密接な関係があります。敷金とは入居者が何らかの理由により、家賃を支払えなくなったり、通常使用以外での汚れや修繕が発生した際に使われる費用です。
担保として一時的に預けておく費用になるので、通常使用で家賃などの滞納もなければ、原則入居者に返還される費用です。これに対しクリーニング代は敷金不要の物件の退去時に必要になる費用です。

敷金の相場
敷金の相場は一般的に家賃の1~3ヶ月分とされています。しかし、現在では敷金不要の物件が増えています。
これには不動産業界の競争が激しくなっている事と、空室を埋めたいという大家さんの意向が反映されています。ちなみに礼金の相場も家賃の1~3ヶ月ですが、こちらも礼金不要の物件が増えていますし、昔の慣習が残っているだけの様ですので、礼金不要の物件は今後増えていくと予想されます。

クリーニング代の相場
クリーニング代の相場は部屋の広さによって変わりますが、1DKや1Kなどのワンルームであれば20,000~35,000円ほどの様です。もちろん都心部と地方でも価格差は大きいですし、入居者の使用状況によっても変わってきます。
なかでも喫煙をしている場合やペットなどを飼っていた場合はクリーニング代が大きく変わる可能性があります。クリーニング代の金額で業者と揉める事が多くトラブルに繋がっている様です。退去時にトラブルにならない様に契約の際に確認しておくことが必要です。

原状回復とハウスクリーニングの違い
契約書を見ると原状回復義務やクリーニング代など明記されている場合があります。原状回復とは、たばこの火などで床を焦がしてしまったり、ペットが壁などに傷をつけてしまったりという様な、故意に壊してしまった状態を修復し元に戻す事を言います。
これに対しクリーニングは壁紙の劣化や床のほこりやごみなどの汚れを掃除する事を言います。この認識がわかりづらいため、トラブルになるケースもある様ですので、違いを明確にし契約書などもしっかりチェックしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る