礼金は返却されないのはなぜ?

敷金・礼金というように、この2つの費用は、賃貸の契約条件にセットで並んでいることが多いですね。敷金は預り金で退去のときに返してもらえるお金だと説明を受けますが、礼金は一体何の料金?なぜ返却されないの?と思う方もいるでしょう。礼金についてお話しましょう。

■礼金の始まりは住宅難時代の上乗せ金
東京では、関東大震災の時にたくさんの家屋が失われ、常に住宅は品薄状態でした。
地方から上京してくる住まいを探している人は、間貸しや下宿からスタートするのが当たり前でしたし、何かあった時の保証人は個人で、親や親類縁者にお願いしたものです。
大家さんも、はじめにまとまったお金を預けてくれる相手の方が、貸し倒れの心配がないですし、敷金の他に、『貸してくれてありがとうございます。何かの足しにしてください』という『礼金』をつけてくれる相手に貸すようになります。
習慣として『礼金』が根付いていったのも理解できます。
大家さんにしても、入居者の入れ替え時には何かとお金がかかることもあります。
不動産業者に広告料だって払っています。
こうして、入居者からみると何の費用なのか正体のわかりにくい『礼金』という呼ばれ方のままで、賃貸条件として扱われてきました。

■交渉の仕方で礼金ゼロになった例
本来礼金は敷金と性格が違うお金ですから、返却されないものです。
でも、契約交渉の段階で、礼金ゼロにしてもらうのに成功した人がいます。
この事例では、敷金1ヶ月、礼金1ヶ月だったのですが、敷金2ヶ月、礼金ゼロという条件に変更してもらったのです。
賃貸契約の内容を交渉する時に、借りたいのだけど退去の時の精算が不安だから、敷金2ヶ月、礼金ゼロになったら助かる…のようなやり方で伝えてもらい、結果的には、返却の見込みがない『礼金』をゼロにした例です。
また、設備の古さに目をつぶる代わりに…など、何かしら交換条件が出せれば交渉の余地はありそうです。

■交渉が面倒なら礼金無料物件を検討
最近は、敷金や礼金を無料にして入居者募集を行うケースが増えてきました。
これなら、気を使いながらの交渉に、心を痛めることなくスパッと気分良く条件を検討できます。
仲介業者がプロの目利きで妥当性の高い料金を示してくれれば、予算に合わせた物件選びもスムーズです。
レントフリーありの物件も扱っているようなら、引っ越し時期の自由度も高くなります。
前の部屋をいつ引き払うかや、日割り家賃を気にする必要がなくなるケースもあるでしょう。
敷金礼金ゼロ物件を扱っている不動産業者に相談してみましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る