仲介手数料や礼金が無料の物件について

最近は、「仲介手数料・礼金ゼロ!」なんて言う物件を目にしますね。初期費用を抑えられて借りる側には嬉しいサービスに思えますが、なぜそんなことができるのでしょう?なにか、デメリットはあるのでしょうか?仲介手数料・礼金が無料の物件についてお話しましょう。

■仲介手数料や礼金ゼロの仕組み
仲介手数料の上限は、「家賃1ヶ月分+消費税分」と法律で決められています。
ただし、客付けを依頼した物件オーナー、入居者のどちらからどんな割合でもらうかは、決まりがなく、業者に任せられています。
物件オーナーが、仲介手数料を支払っている場合には、入居者は仲介手数料ゼロとなります。
空室にしておくよりも、仲介手数料をかぶって、早く入居を決めてくれるならそのほうが良いと考えるオーナーの心理が働いている場合もあります。
また、仲介業者が物件所有者であれば、自社物件に対して仲介手数料を取ることはできませんから、仲介手数料ゼロとなるわけです。
では、礼金はどうでしょう?
退去、入居のタイミングでは、空室期間ができてしまったり、修繕が必要になったりして、物件オーナーは、礼金として手持ちのお金が入るのは嬉しいことです。
しかし、初期費用が上がれば、入居者の負担が大きくなりますし、家賃そのものを下げずに、礼金を断って契約を決めたいと考える大家さんが増えています。

■仲介手数料や礼金ばかりかレントフリーまで…
最近は、新築や特徴的なウリのある物件を除いて、借りて市場になっています。
空室が3ヶ月続くと、物件オーナーは、収入ゼロながら、その間の管理費を自分で支払って物件管理を行っています。
強気の条件で募集を続けていても、「これ以上空室が続かない!」と誰も保証することはできません。
引っ越しをする側からすれば、前家賃をどれだけ節約して入居しようか…なんて考えているのところに、レントフリーの条件がついているとわかったら、大きく心が動きます。
実際、今住んでいるところが、本来1ヶ月以上前に退去を伝えなければならない契約などの理由で、新しいへの契約を決めてしまうと二重家賃になるケースもあります。
レントフリーつきだと、微妙にかぶってしまう時期の家賃の心配をせずに済みます。

■トータル金額、初期費用を考えてみましょう
本来の家賃の値下げが無くても、仲介手数料、礼金の支払い負担がなければ、2ヶ月分の費用が浮きます。
初期費用を節約したい人にとっては良い条件ですね。
一般に初期費用は5ヶ月分前後だと言われているのですから、家賃8万円の物件を例に考えると、40万円。
ここから仲介手数料8万円+消費税、礼金8万円だとおよそ家賃2ヶ月分が安くなる計算です。
1年~2年の支払い料金を比べてかわらない料金設定になっているなら、初期費用がオトクなゼロゼロ物件のメリットは大きいですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る