敷金・礼金の目安はいくら?

賃貸物件を借りるときには、敷金・礼金を契約時に納めることが多いですね。初期費用は、家賃の4倍~6倍とも言われますが、初期費用の大きさは、敷金・礼金で決まってくると言ってよいほどです。敷金・礼金の目安についてお話しましょう。

■『礼金の目安』⇒家賃1~2ヶ月分
かつての日本は、住宅が不足していて、賃貸物件を借りるのは大家さんの“好意にあやかっている”といった空気がありました。
良い条件で部屋を借りるには、初期契約に上乗せして『よろしくお願いします。』、『大切な財産を貸して頂いてありがとうございます。』といった気持ちを表すものとして礼金の支払いが習慣化していったと言われています。
今のように信用調査会社の審査などないまま、見ず知らずの人に部屋を貸すとなれば、『ある程度のお金が用意でき、家賃滞納もしませんよ』という信用を得るのに、必要なことだったのでしょう。
家賃の1ヶ月分から2ヶ月分が目安ですが、最近は、礼金なしでの募集があります。

■『敷金の目安』⇒家賃1~2ヶ月分
敷金は、不注意で破損した場合や、退去時にチェックされた修繕費にあてるため、予め預けておくお金です。
家賃の滞納もなく、部屋をキレイに使った場合には、退去時に返金される性質のものです。
契約の仕方によっては、敷引として一定の割合が予め決められている場合や、修繕の範囲に“特約”としてクリーニング代が指定されている場合があります。
家賃の1ヶ月から2ヶ月分が目安ですが、敷金を取らずに、退去の時に実費を精算するケースなどもあります。
多くは、保証会社審査を使っての契約になってきていますから、大家さんにとっては、敷金をはじめに貰わなくてもやっていける見通しが持てることと、初期費用を安くすることで、借りやすさをアピールする効果を狙っています。

■敷金・礼金なしなら初期費用が安い
部屋を借りる時に、家賃7万円の場合、敷金、礼金各2ヶ月なら、それだけで28万円になります。
初期費用には、管理費、前家賃、火災保険、鍵交換、保証会社利用料などが含まれますから、敷金礼金ありの契約では、30万円~50万円は必要になってきます。
もし、敷金・礼金なしの物件なら、ぐっと初期費用を抑えることができますね。
最近は、賃貸物件の数が豊富ですし、やや、借り手市場になっていること、保証会社利用の契約が多くなっていることで、敷金・礼金なしで契約できる物件が出てきています。
退去時の条件など、契約時の説明に丁寧に応じてくれる仲介業者なら、敷金・礼金なしの契約も心配することはないでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る