引越しを機に捨てた方がいいものと捨てなくていいもの!!

引越しの際に不要なものを捨てるメリット
引越しの際は沢山の荷物を運ばなければいけません。こうした荷物を段ボールに詰め、運び引越し先で開封し、整理整頓を行うのはとても大変な作業です。
この引越しの際に運ぶ荷物なのですが、本当に全部必要なのでしょうか?そんなはずはありません。必ず不要なものがあるはずです。荷物が少なくなれば、時間も手間も引越し料金も安くなりメリットだらけです。引越しをいい機会ととらえ、不要なものは捨ててしまいましょう。

引越しの際に一番大変なもの
引越しの際に一番大変なものは、衣類です。衣類は量がありますし、かさばるので段ボールをたくさん使います。引越し業者から提供された段ボールでは足りなくなってしまい、自身で段ボールを用意しなければいけなくなってしまう場合もあります。
こうした衣類に関しては、着るものと着ないものを分けて、着ないものに関しては処分してしまいましょう。衣類に関しては、買取などを行っているお店などありますので、処分と同時にお小遣いもゲットできます。不要な衣類が減るだけで、ずいぶんと段ボールの数が変わるはずです。引越しを機に衣類の断捨離をおすすめします。

食器などは重くて大変
1人暮らしの方などはそれほど量がないかもしれませんが、食器は一つ一つそれなりの重量があり、割れてしまったりするため取り扱いが難しいものです。この食器に関しても使わないものがあれば、断捨離を行いましょう。
食器も買取をしてくれるお店がありますので、そういうお店に買い取ってもらうのもいいでしょう。いつか使うからといって、取っておいてある食器のほとんどは使いません。食器も引越しを機に整理しましょう。

捨てるかどうか迷ったときは?
こうして捨てるものと捨てないものを分けていくと、どっちともいえない迷うものというのが出てきます。こうした場合は捨てたら後悔するかどうかで判断しましょう。
少しでも、後悔してしまうような気がするものに関しては、捨てないで引越し先で判断しても構いません。そして、他に変わりがきかないものも捨てないべきです。迷ったとしても、他のもので代用がきくものに関しては捨てても問題ありません。

捨てるのは最終手段
引越しで断捨離を行うと沢山の不要なものが出ると思います。こういったものに関しては、買取などしてくれるお店があれば売って他の方に利用してもらった方が、自身のお小遣いにもなりますし経済的です。
どうしても、売ることもできないし、誰かもらってくれる人も見つからない場合に、捨てる選択をしましょう。そうでない限りは、有効活用の道を探り不要なものの処分を進めてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 部屋をどこにしようか考えている人たちには、南向きの物件はとても人気があり、引っ越す際には南を向いた部…
  2. 部屋探しをする時に考える事は人により違い、どの部屋を借り、住むか迷っていると思います。何を基準にして…
  3. 賃貸物件を借りるとなると一番気になるのが、敷金や礼金などの前家賃の支払いではないでしょうか。敷金やそ…
  4. 溝の口には2つの駅があり東急の駅名は、溝の口駅で、溝の口駅から徒歩1~2分の所にJR南武線の武蔵溝ノ…
  5. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  6. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  7. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. お部屋探しって本当に大変ですよね。初めて実家を離れての一人暮らし賃貸生活。部屋探しは新たなる希望をも…
  2. 賃貸物件を退去する際のトラブルで一番多いのが、敷金の返還問題ではないでしょうか。不動産会社や管理会社…
  3. 交通の利便性が良く治安の良い人気の物件や有名デザイナー物件などは、競争率も高く借り主が決まるのは早い…

アーカイブ

ページ上部へ戻る