引っ越し前にやっておくべき準備とは?これだけは忘れてはいけない!!

引っ越しはとにかく大変
引っ越しは様々な手続きなどが発生しますし、それに伴い用意しなければならないものもありとても手間と時間が掛かるものです。


少しでもスムーズにそして円滑に進める事がとても大切です。そのためには引っ越し前にできる準備がとても重要になります。新たな新生活を順調にスタートさせるコツは引っ越し前からしっかり準備を進める事だともいえるのです。

引っ越し~2ヶ月前からできること
この2ヶ月前というのはあくまで目安で、個人個人の事情に合わせ準備を始めてください。

・条件に合った部屋探し
新生活に合った、自分の希望する部屋を探します。条件が厳しければ厳しいほど部屋探しに時間が掛かる可能性があります。

・引っ越し会社を決める
実際に引っ越しを依頼する引っ越し会社を決めます。決めるにあたっては複数の引っ越し会社に見積もりを出してもらうといいでしょう。会社によって結構な価格差がある場合が多いようですので、引っ越し費用を抑えるには重要です。

大家さんや管理会社に退去報告
これは契約によっても変わってきますが、退去する際には1ヶ月前には退去報告をしなければいけません。
報告が遅れれば、余計に家賃を払わなければいけなくなってしまいますので、契約書などで確認しましょう。

引っ越し~3週間前からできること
・新居を決める。
実際に希望条件に合う物件が見つかったら、内見をして、問題がなければ契約を行いましょう。
審査などに時間が掛かる場合もありますので、余裕をもって手続きを行いましょう。

・ガス・電気・水道などの光熱費やその他ライフラインに関わる手続き
光熱費などライフラインに関わる手続きは必ず忘れず行いましょう。これらは引っ越し初日から利用できないと困るので忘れてはいけません。インターネットなどは時間がかかる場合もありますので、あらかじめ連絡をしておきましょう。

・引っ越しを行う上で不用品の処分
引っ越しを行う上で不用品はあらかじめ処分しておきましょう。大型のごみなどは自治体によって、処分方法が違う場合も多いですので、処分方法などは調べておきましょう。

引っ越し直前
・ご近所へのあいさつ
今までお世話になった方へのあいさつはしっかり行いましょう。

・郵便物の転送届
新居へ今まで通り郵便物が届くように転送届を出しましょう。日本郵便のホームページか専用はがきで手続きを行うことができます。

その他にも準備は沢山
このほかにも役所に転出届を出したり、様々な住所変更届を行わなければいけなかったりします。
これらを怠ってしまうと、新生活に支障が出ることもあるでしょう。新生活を順調にスタートさせられる様にしっかり事前の準備を行いましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る