引越しの際に必ず行わなければならない役所の手続きとは?

引っ越しには様々な手続きが発生する
引っ越しを行う際には様々な手続きが発生します。これはこれでかなりの労力を必要としますが、まず必要になるのが、これまで住んでいたのが賃貸物件であれば、物件の退去の手続きが必要になります。


続いて賃貸物件を借りるのであれば、新規の契約手続きをしなければいけません。これで初めて引っ越しの手続きを行う事になります。この他にも細かな光熱費などの手続きや、インターネットの手続きも行わなければいけません。

引っ越しの際に行う役所の手続き
転出届、転入届、国民年金、国民健康保険の手続きなどを行います。何度も役所に訪れるのは手間が掛かりますので、必要な物などを事前に確認し、一度に済ませられる様にしましょう。

その他の大事な手続き
・郵便物の転送届
引っ越し先に今まで通り郵便物が届くように、郵便物の転送届を出しておきましょう。
日本郵便のホームページなどから申し込みが行えますし、専用のはがきでも申し込みできます。

・運転免許証などの住所変更
運転免許証は身分証明書として役割も大きく、住所変更を行わないと身分証明書としての役割を果たせなくなります。管轄の警察署などで変更ができます。

・電気・ガス・水道の手続き
新生活を行う際には欠かせないライフラインです。これらは引っ越し初日から使用できるように手続きを行いましょう。基本的に電話一本で済むことが多いですから、忘れずに連絡をしてください。

・インターネットの手続き
現在日本では家庭に一台以上のPCを所有している事は珍しくありません。インターネットが使えないと、あらゆる場面で困ることも増えています。インターネットの手続きは、引っ越し先の状況にもよりますが、工事などが必要になる可能性もあります。
新居などの状況を調べ、必要な手続きを行いましょう。早くても1週間ほど、時間が掛かる場合が多いようです。インターネット無料などの物件も増えていますので、それらの物件を利用するのも良いかもしれません。

面倒だけど準備はしっかり
引っ越しの際に発生する様々な手続きは面倒ですし、場合によっては時間が掛かります。引っ越しで疲れているのにという気持ちもわかりますが、必要な手続きを行わないと新生活は始められません。役所などの手続きは、必要な物を準備しておけばまとめて手続きできるものもあります。
しっかり必要な物などを調べ準備しておくとスムーズに手続きを終える事ができます。そのためには引っ越し前からできる事を行い、引っ越し後の負担を減らしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る