引っ越した際に欠かせない最適な挨拶の時間とは?

現在の挨拶事情
引っ越しの際に挨拶を行う人はどれくらいいるのでしょう?一昔前であれば、向こう三軒両隣に挨拶するのは常識でした。しかし現在ではご近所関係が希薄になり、引っ越しをした際のあいさつもしない方が増えている様です。統計的約3人に1人は挨拶を行わないといわれています。


挨拶をしない理由として、若い方の場合はそもそも挨拶をする慣習を知らないという方や、年配の方などは人間関係に疲れ、新たな人間関係を構築することを避けている場合がある様です。女性の一人暮らしの場合なども、防犯上の理由から挨拶を行わない方もいらっしゃる様です。

挨拶を行うメリット
引っ越しの際に挨拶を行うとメリットがあります。ある程度長期的に住むことが決まっている場合、円滑にご近所関係を進める上で欠かせませんし、何かあった際に隣人の顔を知っておくと何かと便利な場合があるからです。困った際など力を貸してくれるかもしれません。

挨拶を行う最適な時間帯
①明るい時間帯
この明るい時間帯は挨拶の基本中の基本です。全ての方がそうではないでしょうが、暗い時間帯に挨拶に行くと、失礼だと考えている方もいます。せっかく、挨拶をして良好な人間関係を築く目的があるわけですから、失礼だと思われてしまわない、明るい時間帯が無難でしょう。

②忙しくない時間
この忙しくない時間というのも大切なポイントです。絶対避けておく時間帯は早朝です。特に平日は仕事や学校などがある可能性が高く、慌ただしくしている時間です。この時間に挨拶に来られても、迷惑と思ってしまうでしょう。昼の時間帯も、避けるべきです。昼食を作っていたり、食べていたりする時間です。この時間も避けるべきでしょう。

③相手に合わせる
相手に合わせる、というのもいい方法です。引っ越して間もないけれど、相手の生活パターンを把握できている場合もあるかもしれません。そんな時は、相手の事情に合わせ挨拶に行きましょう。夜中仕事している方などは、日中に寝ている可能性が高く、挨拶に訪れると、迷惑になってしまいます。相手の事情が分かっている場合は、臨機応変に迷惑にならない時間帯を選びましょう。

挨拶を行ったほうがいい理由
アパートやマンションなどで災害にあった際はご近所と協力し、助け合わなければなりません。その際に挨拶をし、顔を知っているかどうかというのは大きな影響があります。ご近所トラブルが起こってしまった際も、挨拶をして印象が良ければ大ごとにならずに解決する可能性もあります。
このように、挨拶を行い、顔を知っておくという事は大事な事です。しかし、女性の一人暮らしなどは防犯上の理由などで難しい場合もあるでしょう。その際は知人に協力してもらい、一緒に挨拶に行くなど工夫して行いましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る