引越し~賃貸退去の知っておきたいコト

賃貸退去するときは、1ヶ月前には管理会社に連絡を入れなければなりません。家賃のこと、敷金のこと、カギの返却など、トラブルなく退去を完了するポイントを知っておきたいですね。賃貸退去の知っておきたいコトについてお話しましょう。

■賃貸を退去する時の流れ
<1~2ヶ月前>
管理会社に退去、契約解除の連絡をします。
『契約解除のタイミングが月末』という場合が一般的ですが、退去日日割りが可能な契約になっている場合は、退去日によって最終月の家賃が変わってきます。
契約解除の日程をどのように申告したか、メールなど記録に残る形にすると、認識の食い違いによるトラブルを避けられます。
「解約通知受付書」という書類が管理会社から送られて来る場合もあります。

<1ヶ月前~2週間前>
・新居探し:引越し希望時期の2週間前くらいには申込みを済ませる(入居審査に1週間の余裕を持たせる)

<2週間前~入居・退去日前日>
・新居契約。
・引越し業者手配、入居日の決定。
・ライフラインの解約・切り替え手続き、荷造り。
・掃除、設備チェック。カギ原本2本の返却準備。
・管理会社に、原状回復のための立会い、引越し日を連絡調整。

<引越し当日~>
・荷物を運び出したら掃除し、清潔な印象にする。
・管理会社立会で、チェックを行い、カギ原本2本を渡す。
・原状回復の敷金の精算。返還分、不足分があれば、後日振込みで対応。

■トラブルを避けるためのポイント
<すべての根拠は契約書>
退去の申し出のタイミングや、家賃の日割りに応じるかなど、はじめに交わした契約書の内容が全てです。どんな契約になっていたか、契約書を読み返しましょう。特約でクリーニング費用の負担や、敷引などの記載があれば、従う必要があります。

<原状回復の根拠>
基本的には生活による自然劣化については、対象外ですが、特約として指定された内容や、敷引や、償却指定のある敷金は、返還されません。敷金を上回る修繕があれば追加の支払いが必要です。
カギの返却についても、原本2本をそろえて渡せない場合、鍵シリンダー交換費用が請求される場合があります。

■退去で揉めないために
退去申告の締切が2ヶ月前のこともあります。
この場合、3月末に退去なら1月中には連絡しなければなりません。
2月の申告なら、4月まで家賃が請求されてしまう可能性があります。
また、原状回復についても、特約があれば契約に従わなければなりませんから、思っているよりも、敷金の戻りが少なくなるかもしれません。
契約書をよく読み返し、取り決めに沿って退去手続きを進めましょう。
管理会社とのやり取りは、メールや書面に残すなどして、後から確認できる様にするのがおすすめです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る