賃貸の前家賃・日割り家賃とは?

賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の他に、入居した時の家賃を払うので、どうしても額が大きくなってしまうのです。初期費用の内容についてお話しましょう。

 

■賃貸の初期費用にはどんなものがある?

・礼金:大家さんへの謝礼の意味合いから習慣化したもの。

・敷金:退去時の修繕費に充て、破損がなければ返金される。

(関西では敷金ではなく、『保証金』として家賃の数ヶ月分を納めるケースがある。)

・保証会社への支払い:家賃滞納などに備えて家賃の20%~100%支払う。

・日割り家賃:月の途中で入居した場合、日割で家賃を計算して払う。

・前家賃:翌月入居の場合、申込み時に翌月分の家賃を支払う。

 

この他に、クリーニング費用や鍵交換費用、仲介手数料など、契約の仕方で支払い総額は変わって来ます。

保証会社利用の場合には、家賃1ヶ月分よりも低額ですが、『保証金』となれば、これだけ数ヶ月分ですから、初期契約の費用が随分大きなものになってしまいます。

 

■フリーレントはどんなもの?

これだけ初期費用が大きいと、新しい部屋を契約するのも大変ですね。

現在、物件数は豊富ですし、入居率をあげたい大家さんとしては、入居者の初期費用の負担を減らして、契約しやすいようにするケースが増えてきています。

前家賃・日割り家賃に関しては、入居契約をするときに払い込むのが一般的ですが、フリーレントは、日割り分や前家賃を無料にしているケースです。

大家さんとしては、家賃を値下げしてしまうと、長期入居になるほど儲けが減ることになりますが、日割り家賃や、前家賃をサービスする場合には、家賃そのものは下げずに済みます。

はじめに払い込む金額を抑えることができるので、入居者にも、契約を決めてもらいやすくなるメリットがあります。

物件のレベルが、ちょっと希望とズレていたとしても、初期費用が安ければ入居しようかと思えますよね。

 

■初期費用を抑えられる条件とは?

最近は賃貸物件の競争が激しくなっていることもあって、フリーレントや、敷金礼金無料のゼロゼロ物件が出てきています。

初期費用をできるだけ抑えた物件選びをしたいなら、フリーレントありや、敷金礼金ゼロで入居者を募集している物件を探してみましょう。

保証会社への支払い、仲介手数料、クリーニング代、鍵交換だけでも、家賃1、2ヶ月分程度の支払いは出てきます。

分割を希望する場合には、カード払いOKの不動産業者を利用すると良いでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る