敷金・礼金が高いと感じたら?

敷金や礼金は、家賃1ヶ月~2ヶ月分となっていることが多く、それだけで初期費用の額をお仕上げてしまいます。引っ越しにもお金がかかるのに、初期費用をなんとか圧縮したいと考える方もおおいのではないでしょうか?敷金・礼金が高いと感じたときの部屋探しについてお話しましょう。

■敷金・礼金は必要な料金なの?
敷金は、部屋を不注意で破損したり、家賃滞納してしまったりした場合のために、大家さんに預けておくお金です。
ですから、特に滞納も修繕も無く退去する場合には返ってきます。
礼金は、貸してくれてありがとうございますという謝礼の意味合いです。
料金として組み込まれているというのは、大家さんも入居者が入れ替わるときには募集広告を出したり、設備をメンテナンスしたり費用がかかるものですから、入居者が家賃に上乗せしてお金をいれてくれると助かるわけです。
もとは、謝礼として“気持ち”だったものが、大家さんのキャッシュフローに組み込まれてしまっている…ということですね。
敷金・礼金はなくそうと思えば無料にできる料金なのです。
ただし、入居者の自己責任に該当する修繕が発生した場合には、支払い・精算が必要になるでしょう。

■敷金・礼金無料の契約は大丈夫?
初期費用が少ないほうが良いなら、敷金礼金無料の物件をさがすのは良い方法ですね。
でも、退去のときに高額の修繕費を請求されたらどうしよう…なんて不安になってしまいますか?
契約の時に、『特約』と言うかたちで、本来、入居者の責任と思えないものまで修繕するように書かれていないかチェックしてください。
経年劣化といって、常識的な一般的な暮らし方をしていて傷んだものについては、一方的に修繕費の請求ができない決まりになっています。
「クロスの日焼け跡があるから1室すべて張替え」なんてことはありません。
・タバコのヤニ汚れ。
・クーラーのドレーン抜けで壁にシミ。
・洗濯機下の床が水濡れで腐らせ穴が空いた。
・換気を怠って、居室の壁にカビが出た。
入居者の落ち度がはっきりしている場合以外は、修繕費が高額になることは少ないでしょう。

■初期費用を抑えたい人は無料物件をチェック
賃貸市場は、やや、借り手市場となっています。
物件の数が十分あるので、「新築で高額な家賃を払って駅チカ物件」を選んでも良いですし、「築年数は経っていても家賃や初期費用が安い物件」を望んでも良いわけです。
大家さんとしては空室にするくらいなら、初期費用をサービスしてでもすぐに入居してほしいという心理が働いています。
良心的な賃貸契約を用意した上で、敷金・礼金無料にして募集している物件が増えているのはこのためです。
信頼できる仲介業者に入って貰えれば、敷金・礼金無料物件でも問題はないでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る