ライフスタイル~仕事や暮らしを楽しむ秘訣

あなたのスケジュールは『詰め込み充実型』、『適度にゆったり型』のどちらでしょう?忙しいほど充実している生活だと考える方は多いですが、仕事や暮らしを楽しむには、ちょっとしたゆとりが大切なのです。日常を豊かにしてくれる考え方のヒントを紹介しましょう。

 

■仕事がツライときどうしたら良い?

日曜の夕方になると、月曜からの1週間を想像してブルーになる…仕事が辛い時ってありますよね。

『自分の成功イメージが実現できずに気持ちがモヤモヤする』

『クライアントや上司からのダメ出しに心が折れる』

『職場の人間関係にうんざり』

ストレスをためやすい人は、繊細で空気を読んで考えすぎてしまうことが多いようです。

自分の意思でコントロールできないことにこだわって苦しくなったり、自分が責められないように、誰かの顔色をうかがって疲れたりしていないでしょうか。

“失敗せずに良い結果を出したい”という妙なプライドは捨てて、自然体でいることができたらラクですね。

プレッシャーを受けるのは、持っている能力以上を発揮しようと焦ってしまうからです。

心をニュートラルにして自分と向き合う時間を持ちたいですね。

 

■納得できないことに出会うと人は消耗する

こだわりが強いと、違う考えを受け入れることができず苦しみます。

仕事でも、“○○であるべき”といった思い込みから抜け出せないときや、納得出来ないまま向かっている時にはストレスが大きくなります。

うまくいかないことがあったとき、それを攻略してやろうと思いを巡らせてエネルギーがみなぎるときと、気持ちが向かずに苦しいことがあります。

物事をポジティブにうけとる余裕があるときには、エネルギーがみなぎりやすく、ゆとりが持てないときには苦しくなるのです。

仕事のミスを指摘されたときでも、「自分には向いていない」と落ち込んでばかりでなく、「新しいことに気付かされた」と受け取れば、ちょっと前向きになれそうですね。

 

■気持ちのゆとりを持つには?

ONとOFFのバランスを上手にとって、時にはだらしない自分を受け入れてあげたいもの。

今の自分が理想と違っても、目の前のことを確実にこなしていくことが未来を開きます。

もしも、パワーダウンしていると感じるなら…

・予定のないOFFの日をまったり過ごす。

・プチ贅沢で自分にご褒美

・お気に入りのインテリアでリラックスできる部屋づくり

気分転換の上手な人は、エネルギー充電の仕方も上手なのです。

ちょっとしたゆとりがあるだけで、向き合うべき課題に納得してクリアしていくエネルギーが湧いてくると思いませんか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る