部屋選びの注意点はココ!

部屋選びをするときに気をつけておきたいことは、物件そのものの立地・環境・クオリティを見極めることと、契約の結び方です。入居してから「しまった…」と後悔しないための部屋選びの注意点についてお話しましょう。

 

■内見で確かめたい物件の質

『間取り・動線の確認』

同じ6畳でも、窓の大きさや床の色などで広く感じることがあります。圧迫感はないか、床の材質はフローリングか絨毯か、手持ちの家具や洗濯機、冷蔵庫の配置など、実際に見て住んだときのイメージがしっくりくるかチェックしておきましょう。

また、建物の中の音の響き具合も気になるところです。

 

『日当たり・眺望』

窓の向き、周辺の建物との兼ね合いで日当たりが変わってきます。実際に部屋から見える景色についても確かめておきましょう。都市部では、隣とちかすぎて窓をあけることができない場合もあります。

 

『施設・設備』

インターフォンの種類、給湯器、エアコンの使い勝手など、実物を見るとどの程度のグレードのものがついているかはっきりします。古い型のものがついているなら、料金交渉や、付替え交渉のターゲットになるでしょう。

 

■内見で確かめたい環境や管理状態

『管理や住人の質』

・共有部分が乱雑になっている

・ゴミ置き場があれている

・「○○しないでください」という貼り紙が多い

こうしたマンションは管理状況が悪いか、住んでいる人のモラルが低い可能性があります。

内見のときにチェックして、住みたいと思える物件なのか判断しましょう。

 

『立地や街の雰囲気』

・アップダウンが多く、自転車がきつい

・繁華街がちかすぎて落ち着かない

…というデメリットに気づくこともあれば、

・近くに商店街があり、親しみが持てる

・管理が行き届いていて、モラルの低い住人の心配がなさそう

…というメリットに気づく場合もあります。

 

内見では、物件そのものの状態を見ることと、現地の雰囲気をみて、住みやすさ、居心地の良さなど、合格点をあげられるかチェックしましょう。

 

■契約条件や初期費用は?

部屋そのものが気にいるかが第一のポイントですが、契約条件や初期費用についても確かめておきましょう。

・物件を押さえるために、二重家賃にならないか。

・初期費用の見積額がいくらになるのか。カード払いは可能か。

・特約として入居者負担の修繕費が多くなっていないか。

部屋選びをするときには、物件そのもののスペックに目が行きがちですが、契約条件や初期費用にも着目して、良心的な契約を結ぶことができるのか検討しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る