部屋探しを始める最適なタイミングとは?

部屋探しをする方が多い時期とは?
新入生や新社会人が増える春は引っ越しを行う方が一年で一番多い時期です。春の新生活に向けて、2月~3月は新たな新居を探している方が多く、一年で一番不動産会社が忙しい時期といえます。
会社などによっても違いますが、10月は転勤が多い時期です。その前の8月~9月も不動産会社は比較的忙しい時期です。これらの時期以外というのは、不動産会社はあまり忙しくありません。

不動産会社が忙しいと何が変わるのか?
新入生や新社会人が新たな新居を探している2月~3月や、転勤などが多いサラリーマンなどが新たな新居を探している8月~9月は不動産会社が忙しい時期です。こういった時期は沢山の方々競うように優良物件を探しているので、多少家賃が高くても入居者が集まります。
こういった時期に契約する家賃の金額というのは、一年の中で一番高い価格になります。逆にこの忙しい時期以外の家賃は安くなる傾向があります。新築物件と中古物件では違いはありますが、時期によって家賃は変わるのです。同じマンションなのに家賃が違ったりするのはこのためです。不動産会社が忙しくない時期は、忙しい時期に比べ敷金や礼金で納めなければいけない金額が変わったりします。場合によっては、家賃交渉なども可能なようです。

金額にするとどのくらい変わるの?
不動産会社が忙しい時期と忙しくない時期を比べると家賃が5000円は変わってきます。たかが、5000円と侮ってはいけません。1年で6万円、基本的な契約期間である2年で12万円も変わります。敷金や礼金も安くなるかのせいもありますので、総額ではもっと変わる可能性があります。
どのくらい安くなるのかというのは、大家さんの意向が強く働くので一概に必ず安くなるとはいえませんが、可能性はあります。もし引っ越しを考えてはいるけど、春に引っ越す必要などがない場合は不動産会社が暇な時期に新しいお部屋を探すのがいいでしょう。

引っ越し業者の料金も変わる
新しいお部屋を探すということは、引っ越しを行うという事でもあります。引っ越し業者も忙しい時期というのは、基本的に料金は高めに設定されています。引っ越し業者によって違いはあるようですが、曜日によっても料金が変わるようですし、午前と午後でも料金が変わる引っ越し業者もあるようです。
引っ越しは業者によってかなり金額が変わる場合もあるので、引っ越し業者を選ぶ際は、複数の業者に見積もりを出してもらい選ぶのが無難です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る