部屋探しは優先順位を決めて探してみよう!!

部屋探しに優先順位が大切な理由
不動産業界の繁忙期というのは1月から3月です。この時期は進学であったり、就職であったり多くの人々が新生活のための新居を探す時期です。 沢山の人々が物件を探しているのですから、魅力的な人気物件は1月中には契約が決まってしまいます。


この時期に物件を探すのであれば、優先順位を決めておかないと どんどん契約が決まってしまい、 魅力的な物件が無くなってしまうからです。繁忙期以外で物件を探すのであれば、ゆっくりでもいいですが 、繁忙期であれば優先順位をしっかり決めておきましょう。

優先順位①予算
この予算というのは毎月払う家賃以外の、入居時にかかる費用も含めた予算です。
特に重要なのは、毎月払う家賃で目安は月収の3分の1程度が良いとされています。いくら魅力的な物件に入居したいといっても、金銭的に日々の生活が苦しくなってしまう様では意味がありません。安定的な生活を送る事を考え物件を決めましょう。

優先順位②立地
予算と同じくらい大事な要素に立地があります。学校もしくは会社などから遠い場所に物件を借りてしまうと通勤通学などに時間が掛かってしまいます。多少学校や職場から遠い場所でも駅が目の前だったりすれば良いでしょう。
しかし、○○駅周辺とピンポイントで絞ってしまうと、選択肢が少なくなってしまうので、ある程度○○駅から○○駅の間という様に、幅を持って探す事が大切です。

優先順位③間取りや設備
実際に住む部屋の間取りや設備はとても大切です。プライベートの多くの時間を過ごす訳ですから、快適に過ごせる部屋が良いでしょう。間取りや設備にこだわり過ぎると高額になってしまいますので、予算と立地をまず決め、その範囲内で間取りや設備にこだわり、物件を決めましょう。

個人的なこだわりも大切に!!
絶対的に外せない優先順位というのはありますが、個人的なこだわりも大切です。
賃貸物件を借りるという事は、長期的に家賃を払い続けなくてはなりません。
これは容易な事ではなく、安定的に収入を得続け生活していく必要があります。
それには家賃を払うというモチベーションが欠かせません。絶対にこの部屋に住みたいというこだわりがあれば、それがモチベーションになるからです。部屋探しに優先順位は大切ですが、それ以上に個人的なこだわりも大切です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る