部屋探しと築年数の関係性

築年数と家賃の関係
お部屋探しをする際に、みなさんは何を重視して部屋を探していますか?
都市部で移動手段がない場合は最寄り駅までの距離であったり、私生活を重視するのであれば理想の間取りであったりと人それぞれあると思います。その中でも家賃はどんな方も気にする項目の1つなのは間違いないでしょう。築年数と家賃には密接な関係があります。


築年数は原則として古くなればなるほど家賃は低くなっていきます。そのため、家賃が高いのか、安いのかを見極めるには築年数も併せてみる必要があります。
設備も築年数もほぼ同じなら安い方がいいでしょうし、逆に築年数が同じなのに家賃が高額な物件があるとしたら、高額な理由となる設備や環境があると言えるでしょう。いずれにせよ、築年数と家賃を合わせて検討する事が大切です。

築年数が経過すると劣化しやすいポイント
・建物の外観やエントランス
建物の外観は築年数が10年も経過すると劣化が目立つ様になります。
外壁が剥がれてきたり、塗装部分が剥がれてきたりと修繕が必要になります。
エントランスも非常に注目ポイントです。エントランスは共有スペースでもありますので、エントランスを始めとする共有施設の管理が行き届いてない様だと危険です。大家さんや管理会社がずさんな可能性があり、トラブルの対応などに不安があります。

・床の状態
床も築年数が経過すると劣化してきます。内検などで訪れた際は部屋の隅々まで歩いてみましょう。
問題がなければいいですが、軋みなどがある場合もあります。騒音問題などに発展する可能性もありますので、しっかり確認しましょう。

・清潔な水回り
水回りが清潔なのかは非常に重要です。物件の中でも水回りは特に劣化しやすく、汚れも目立ちます。
ハウスクリーニングなどを入れても劣化してしまうので要チェックです。築年数が古くても水回りが奇麗で、清潔感があれば管理が行き届いていると考えられます。
特にクリーニングしにくい蛇口は、蛇口そのものもチェックと実際に水も出してチェックしましょう。水回りのゴムパッキンもカビが生えやすいので、清潔かどうかチェックしてみましょう。

物件の築年数だけで判断は難しい
お部屋探しに建物の築年数はとても大事です。しかし大家さんや管理会社の管理がずさんであれば、新しくても劣化が進んだ物件は存在します。古くても管理やメンテナンスをしっかり行っている物件であれば、家賃も安くなっているでしょうし、何かトラブルがあった際も信頼がおけます。
一概に築年数で判断することは危険ですので、あくまでは1つの判断材料に留めておきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る