管理会社と大家さんの違いとは?

賃貸でお部屋を借りている場合、修繕や相談事が出てきたら管理会社と大家さんどちらにするのが正解なのでしょう?契約の時に、管理会社がどのように関わっているのか確かめて、ケースごとに少しずつ対応が違っています。管理会社と大家さんについてお話しましょう。

■管理会社が実務を請け負っている
昔は、大家さん本人が物件の管理をおこなっていて、修繕、物音のクレーム、お願いごとなど、大家さんに直接交渉するのが当たり前でした。
しかし、今では、管理会社が実務を担当し、日常的なケアは管理会社が行っている場合が多くなっています。
管理会社が物件の管理を担当している場合には、大家さんは管理会社にまかせて、物件の所有者だけということもあります。
入居してからの修繕、物音のクレーム、お願いごとは、管理会社に連絡するのが基本になるでしょう。
管理会社が入っていれば、入居のしおりなどが用意されていて、コールセンター番号が掲載されていることもあります。
ケアしてもらえる内容は、大家さんが管理会社とどういった契約を結んでいるかによりますから、入居の時にどういったフォローを行ってもらえるのか確認しておくと安心ですね。

■管理会社が入ることでのメリット
オーナーである大家さんにとっても入居者にとっても、管理会社が入ることでのメリットがあります。

<契約として割り切り、スムーズにトラブルが解決できる>
高く貸したい大家と、安く借りたい入居者は利害がぶつかる関係になることがあります。そんな時、管理会社とのやり取りなら、契約に基づいた冷静な対処になります。

修繕の手配がスムーズ>
管理業務を行っている会社では、直営のリフォーム業者、清掃業者を持っている場合があります。設備の故障など管理会社への連絡で、修繕や入れ替えの対応もスムーズでしょう。

<クレーム対応>
管理会社入ることで、客観的な対処が期待されます。また、コールセンターが用意されている場合もあるので、相談事もしやすいでしょう。

■仲介・管理かねているケースもあり
不動産仲介という場合、オーナーと入居者を結びつけるのが仕事で、入居後の管理会社は、オーナーが契約している管理会社という形になってしまいます。
仲介・管理業のどちらも引き受けている業者では、物件の管理を行っていて状態がわかったうえで紹介・契約業務を進めてくれるので、入居後も安心です。
物件を決める時に担当しもらった業者なら、何か気になることがおき、修繕の連絡を入れるときにも相談しやすいです。
部屋探しする時の不動産業者を選ぶ時、仲介、管理、リフォームをまとめて扱っている業者になら、入居後のフォローも安心ですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-9

    賃貸契約で同居人は必ず申し出なきゃダメ?

    賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…

おすすめ記事2

  1. 安定した収益を上げるには、入居率を上げることが欠かせません。空室率上昇がささやかれる中、所有する物件…
  2. 賃貸の大家さんの悩みといえば、空室リスクではないでしょうか。空室率を下げて、きちんと収益があげられれ…
  3. 夏の暑さにぐったりして帰宅した時、ちょっと涼しげで気持ちが和む雑貨で癒やされたいですね。季節に合わせ…

おすすめ記事

  1. 賃貸契約を結ぶときには、誰が住むのかを申告しなければなりません。不特定多数が出入りするのは他の入居者…
  2. 環境の良いところにリーズナブルな家賃で住めたら良いですね。都心で働く人にとっては都心に住むメリットは…
  3. 賃貸で部屋を借りるときには、契約のときに家賃の4~5倍の初期費用がかかると言われています。敷金礼金の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る